カラコンの取り扱いの注意点

カラコン

おしゃれとして楽しむカラーコンタクトですが、目に入れるものという認識は忘れないようにしましょう。

 

取り扱いをいい加減にしているとバイキンが入ってしまい、結膜炎などのトラブルになることもあります。

 

今回は、カラコンを装着するときに気をつけたいことについてお話します。

 

落とした時のことを考える

 

カラコンを装着するときにウッカリ落としてしまった・・・そんな経験はないですか?

 

中には歩きながらカラコンを付けてしまうすごい人もいるみたいですが、こういうのは真似しないでくださいね。

 

装着するときは落としてもすぐにみつかりやすいところで!洗面所のシンクの栓をした状態にしておいて、そこで装着するのがベストだと思います。

 

手を清潔に

 

ネイルなどをしているのは仕方ないとして、カラコンを着ける前はちゃんと石鹸で手を洗うようにしたいですね。また、着けるときは慎重になっていても外すときは手を洗わずに外してしまうなんていうこともないようにしてください。

 

装着するときも外すときも、指先がカラコンに触れるという点では同じです。

 

化粧はカラコンをつけてから

 

ファンデーションなどが手についてしまうということもあるので、その手でカラコンを触るのはよくありません。お化粧をする前にカラコンは着けてしまいましょう。

 

アイメイクはほどほどに

 

カラコンだけで目元はかなり強い印象になります。これに加えてつけまつげを大量につけたり、マスカラを濃く塗ったりするのは「やり過ぎ感」が出てしまいます。

 

またアイラインやマスカラがカラコン本体についてしまうことで劣化する可能性もあります。目元のお化粧はほどほどにしておいたほうが無難ですよ。

 

カラコンを定期的にチェック

 

そんなに頻繁に起こることではないですが、ごくまれにカラコンがかけたり破れたりということもあるようです。そういう状態で目にいれてしまうと、傷つけることになりますので、装着前にはカラコンの状態をチェックするように心がけましょう。